通常より厳しい審査基準

ゴールドカードは上質のサービスと優れた待遇なので、審査基準も厳しくなります。カード会社ごとに審査基準は異なりますが、以下の内容は大抵の場合求められる条件となりますのでご確認ください。

安定した収入と定職

定職につき安定した収入はありますか?

これはゴールドカードに限らず、クレジットカードに通常設定されている条件。年収面では、通常より高いですが、400〜1,000万円程度(各社により幅あり)に設定されています。
もうひとつの職業面では、安定した企業で一定の期間勤続していて、何らかの役職についていることなどが設定されています。自営業の場合、職種や年収、自営年数などが判断基準になりますが、企業の正社員と比らべ条件は厳しくなっています。
ただ一度ゴールドカードを取得できると、更新時に厳しい審査はありませんので転職・独立の予定がある方はその前に作っておく事をオススメします。

年齢制限

最近は20代でも取得できるゴールドカードも増加

ゴールドカードを取得するには「30歳以上」とするカード会社が多かったのですが、今は変わってきています。どうしてもゴールドカードを所持したい20代の方には、20代専用のヤングゴールドカードというのがありますので、そちらで取得することが出来ます。
ヤングゴールドカードを所持することが出来れば、30代になったときに通常のゴールドカードに切り替える事が出来ます。

過去のローン支払い状況

ローンを組んでいる人は状況確認

過去のローンで遅延や未払いなどの履歴があった場合、審査に通るのは難しくなるというのが一般的です。必ず支払いを滞納させないよう気を付ける事がゴールドカードに限らず、クレジットカードを所得するには必要条件になってきます。

利用実績

今までのクレジットカードの利用状況は?

通常のクレジットカードを同じカード会社が発行するゴールドカードにランクアップする場合、過去の利用実績や履歴、支払いに延滞がないことなどがチェックされます。良好な実績を構築していれば、もちろん有利に作用します。